現場と会社の面接の現実

面接という言葉は勝手にこちらが身構えてしまいます。

現場と会社の面接の現実

現場と会社の面接の現実 面接という言葉は勝手にこちらが身構えてしまいます。ただ、求人に行かれる方が現場志望の面接なのか、デスクワーク志望の面接なのかでも内容が左右される場合があります。面接官は事務の人間、現場の人間、人事の人間など様々な部署の方が来られる面接もあります。面接に来る人間が当社で活躍してくれる人材かを見極める場であります。またその採用するかもしれない人間の人生を左右する決定にもなります。よく巷でみかける面接書籍などは沢山時期によっては販売されてますが、結局はその講師次第になり、土地柄や企業体質などで真逆に捉えられてしまう場合もあるので、鵜呑みにしないのが鉄則です。即戦力になるかを判断する企業も沢山あり、面接に行く方は何故その企業で働きたいのか。どういう活躍ができるか。企画力を試される場でもあります。意外に現場の方からの質問次第であっという間に採用される場面があったりもします。現場の者からすると大卒や頭でっかちな人ほど使い物にならない経験を沢山しておりその人から伝わってくる熱い情熱のようなものを訴えるかのような場面を探してるのかもしれません。経験値が高ければ自ずと言葉に手振りなどにも表れるので面接会場には人事だけではなく現場の人間が加わってると本当に人材を捜してるのかと感じます。

サービス業関係では、お客様に対しての応対の仕方ができるのか、トラブルにならない為に対処を正しいやり方でおこなってくれるかを判断されます。ちょっとした端末を扱えるのか、商品知識はどこまで高いのか、スキルを求められます。全ては一期一会になっていますので大事な商談を任せられてる、大切なお客様の時間を使わせていただいてる中での如何に対応できるかがキーポイントになります。面接は一つのプレゼンテーションだと考えます。